乳酸菌サプリ

おすすめの乳酸菌サプリ。便秘など、様々な効果があるスグレモノ!

女性には便秘に悩む人が多いとよく効きます。

 

腹痛に苦しむ女性

 

特に妊娠中は便秘になりやすいと言われますが、便秘薬にはなるべく頼らずに便秘を解消したいですよね。

 

便秘に効くとよく言われるのは、腸の中の善玉菌を増やして腸の動きを促進する乳酸菌です。

 

ヨーグルトやチーズ等に含まれることで有名で、便秘を解消するために毎日ヨーグルトを食べる、乳酸菌飲料をよく飲むという方も多いのではないでしょうか。

 

ヨーグルト

 

ただ、乳酸菌は糖質を分解して体に良い乳酸に変えてくれる細菌の総称です。

 

乳酸菌と一口に言っても、実は様々な種類があり、約350種類もあると言われています。

 

便秘解消のためには、その多くの種類がある中から自分に合った乳酸菌を見つけることが大事なのです。

 

乳酸菌

 

便秘に効くようにヨーグルトを食べていても、ヨーグルトによって含まれている乳酸菌の種類が違います。

 

種類によっては免疫力の改善やピロリ菌を減らす効果のある乳酸菌が含まれたヨーグルト等もあるので、効果は様々です。

 

そこで、自分に合った乳酸菌を見つけるには一つの製品を毎日継続して続けて見ることが良いでしょう。

 

1週間程続けて便秘の解消の兆しが見えなければ別の物を試す、といった方法で自分に合ったヨーグルトや製品を見つけることができます。

 

ただ、食べ物から乳酸菌を摂ることは好みの問題や旅行先で続けられなかったり、難しい場合もありますよね。

 

そんな時におすすめなのが、乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌サプリメント

 

乳酸菌サプリメントは色々な種類が販売されています。

 

その中から自分に合ったものを見つけるには、複数の乳酸菌が配合されているものを選ぶと効率が良いでしょう。

 

ヨーグルト等と同じで、同じサプリメントを毎日継続して飲むことで効果があるかどうかを判断できます。

 

続けられる価格、飲みやすさであることも、選ぶ上で大事なポイントになりますね。

 

乳酸菌サプリメントは旅先にも持って行って飲めますし、買ってストックしておけばいつでも手軽に摂取できるところが魅力です。

 

自分に合った乳酸菌サプリメントを上手く活用して、便秘を解消したいですね!

 

おすすめの乳酸菌サプリ

 

ビフィーナ

森下仁丹の乳酸菌健康食品。17年連続シェアNo.1。

 

ビフィーナの詳細はこちら

 

アレルケア

カルピス社独自の「L-92乳酸菌」配合

 

アレルケアの詳細はこちら

 

善玉菌のチカラ

フジッコのビオマインは、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌20億個以上

 

善玉菌のチカラの詳細はこちら

乳酸菌サプリを効果的に摂るために

最近よくきく「腸内フローラ」って何のこと?〜お花畑の腸を目指そう!

 

「腸内の善玉菌を増やすために、乳酸菌サプリや乳製品を摂りましょう」といった言葉は、以前からよく聞きますよね。

 

加えてこのところ、テレビの健康番組や、乳製品や乳酸菌サプリなどのCMで、「腸内フローラ」という言葉を聞くことがありませんか?

 

世界的に健康志向の人が増えている中、年を取っても健康な身体を保つためには「腸内フローラ」が大切だと言われています。

 

…と言われても、「腸内フローラって、何となく身体に良いことなのかな?」といった印象を持っていても、具体的にどういった意味なのか、良く分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

腸

 

腸内フローラとは一体何のことなのでしょうか?

 

また、腸内フローラのバランスが崩れると、一体どういった不調が現れるのでしょうか?

 

腸内フローラって、つまり何なの?

 

人間の腸内には、実に500種類以上、100兆個以上もの細菌が生息しているのだそうです。

 

腸内細菌には、以下のような分類に分けられます。

 

腸

 

善玉菌

体の健康を維持するために欠かせない菌。
赤ちゃんの時には善玉菌であるビフィズス菌が90%もありますが、年齢とともに減少してしまいます。

 

悪玉菌

悪玉菌が増殖してしまうと、腸内で有害物質を作りだし、老化や便秘、生活習慣病を引き起こす原因ともなります。

 

日和見菌

健康なときには無害の菌ですが、免疫力が低下してしまうと途端に悪玉菌に変わってしまうという、少し厄介な菌とも言えます。

 

これらの善玉菌、悪玉菌、日和見菌など、たくさんの細菌が腸内に生息している様子を、お花畑(フローラ)に見立てて、「腸内フローラ」と呼ぶのです。

 

お花畑

 

菌のバランスが大切

 

腸内フローラの説明をしましたが、いまいちピンとこない人も多いでしょう。

 

「善玉菌が多ければ多い程、健康になるのでは?」と思う人もいるかもしれません。

 

身体の健康のために善玉菌はもちろん必要ですが、悪玉菌を完璧になくすことは不可能です。

 

そのため「菌のバランスが大切」と言われるようになりました。

 

「腸内フローラ」の、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整えることが、近年注目を集めているのです。

 

適切な腸内フローラのバランスは?

 

では、腸内フローラの適切なバランスは何がどれぐらいの状態なのでしょうか?

 

腸内フローラ

 

健康な人の腸内細菌は、

 

  • 善玉菌:全体の20〜30%
  • 悪玉菌:10%前後
  • 日和見菌:60〜70%

 

の割合で存在していると言われます。

 

腸内フローラのバランスを整えるために大切なことは、善玉菌を増やすことももちろんですが、こうした日和見菌を悪玉菌にしてしまわないよう、工夫することも大切なんですね。

 

腸内フローラを整えるために大切なことは?

 

腸内フローラのバランスといっても、目に見えない菌の割合を把握することはできません。

 

腸内フローラは日常生活によって乱れやすいという特徴がありますので、以下のポイントで普段の生活を見直し、腸内フローラを整えるようにしましょう。

 

食事のバランスを整えましょう

 

やはり腸内フローラのバランスを整えるのに大切なことは、食事です。

 

バランスのより食事は心身の健康のため、ひいては腸内フローラのバランスを整えるのにも非常に大切なことです。

 

そのためには、

 

  1. 善玉菌を「含む」食べ物を意識して摂る
  2. 善玉菌を「増やす」食べ物を積極的に摂る

 

このふたつを意識して食事をするようにしましょう。

 

具体的な食品は次のとおりです。

 

ヨーグルトとキムチ

 

善玉菌を含む食べ物

 

  • ヨーグルト、チーズなどの乳製品
  • 味噌
  • ぬか漬け
  • 塩麹

 

善玉菌を増やす食べ物

 

  • ヨーグルト、チーズなどの乳製品、乳酸菌飲料
  • キムチ
  • 納豆
  • ぬか漬け

 

などの食べ物があります。

 

また他には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食べ物も重要です。

 

オリゴ糖を含む食べ物

 

  • バナナ
  • トウモロコシ
  • ゴボウ
  • はちみつ

 

などがあります。

 

これらの食品を上手に食事に取り入れて、善玉菌を増やしていくようにしましょう。

 

腸内フローラのバランスが崩れるとどうなるの?

 

では腸内フローラのバランスが崩れると、一体どういったことが起こるのでしょうか。

 

腸はお腹の調子を整えて、健康的なお肌やホルモンの分泌を行うなど、重要な役割があります。

 

しかし、遺伝的な原因や、生活習慣、服薬の影響などで、腸内フローラはとても乱れやすいものです。

 

そして腸内フローラのバランスが乱れると、難病であるクローン病、潰瘍性大腸炎など、炎症性腸疾患の原因になりやすいということが分かってきました。

 

炎症性腸疾患は慢性化すると、大腸がんの発症リスクが高くなるとも言われます。

 

腸

 

また最近では、腸内フローラのバランスの乱れが腸管以外にも悪影響を及ぼすということも解明されています。

 

例えば肥満や糖尿病といった生活習慣病にかかりやすくなったり、喘息、アトピー性皮膚炎、花粉症といったアレルギー症状が起こりやすくなるということも発表されています。

 

筑波大学医学医療系・渋谷彰教授の研究によると、

 

「人間を病気から守るための免疫細胞の7割が、腸に集まっている」

 

との研究結果がもたらされています。

 

腸内フローラのバランスが乱れることによって、免疫力のバランスも崩れてしまい、結果として病気を引き起こしやすくなるのですね。

 

腸内細菌の乱れが、人間の身体に病気まで引き起こすなんて、ちょっと驚きますね。

 

ストレスが腸内フローラのバランスを崩す

 

今の世の中でストレスを感じない人はいないといっても過言ではないでしょう。

 

ストレスの弊害は心身の不調によって現れることが多いのですが、腸内フローラのバランスもまた、ストレスによって乱れやすくなるのだそうです。

 

ストレスを受けると、体内では交感神経が刺激され、便の排泄が抑制されてしまいます。

 

便が出ないと悪玉菌が体内に居座り続けることとなり、腸内フローラが乱れてしまうというのです。

 

ストレスは溜めすぎてしまう前に意識して発散するように気をつけ、なるべくストレスを溜めない生活環境を整えましょう。

 

夜はしっかりと眠って身体を休ませ、お風呂でリラックスをしたり、アロマを楽しんだりして副交感神経を刺激するようにしましょう。

 

手軽に善玉菌を摂取できる、乳酸菌サプリ

 

どれだけ腸内フローラのバランスが大切だと分かっていても、すぐに環境を変えることはなかなか難しいことですよね。

 

食事にしても、乳製品が苦手な人にとってはそれだけでストレスにもなってしまいます。

 

そういった人たちにおすすめしたいのが、手軽に摂取できる乳酸菌サプリです。

 

乳酸菌が生きて腸まで届くので、乳製品が苦手な人でも安心。

 

コストパフォーマンスも抜群で、美肌効果や便秘解消、免疫力アップ、肥満予防など様々な効果が期待できます。

 

コンビニやドラッグストアでも手軽に購入することができますので、気になる人はチェックしてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

以上、腸内フローラについて紹介しました。

 

「生きている間は健康でありたい」とは誰しも考えることですよね。

 

今日からあなたも、腸内フローラのバランスを意識した生活を始めてみませんか?

 

乳酸菌を摂りたいなら、ヨーグルトではなくサプリがおすすめな理由。

 

「生きて腸まで届く乳酸菌」というフレーズを乳酸菌飲料等のコマーシャルや品名でよく聞きますよね。

 

実は、ヨーグルトやチーズ等の乳酸菌を含む食品を食べたとしても、胃液や胆汁にブロックされてしまうので、腸に届くまでにその90%が死んでしまうと言われています。

 

生きた乳酸菌には、腸内の悪玉菌が増殖しないようにして善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる効果があります。

 

便秘を解消したい!という理由からヨーグルトを食べることを習慣にしていても、その乳酸菌が生きて腸まで届いていなければいけません。

 

では、便秘の解消に効果が現れるくらいの量の乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトをどれくらい食べればいいのでしょうか。

 

ヨーグルトを食べることで乳酸菌の効果を感じるには、一日に200〜300g程のヨーグルトを食べなければいけないと言われています。

 

商品にもよりますが、ヨーグルトのよくあるパックは一つあたりの内容量が80〜120g程なので、腸内環境を整えるために必要な量の乳酸菌を摂取するには、1日2〜3つ以上食べる必要があるのです。

 

市販のヨーグルト

 

食事がヨーグルトだけでは栄養バランスが偏るため、通常の食事にプラスして食べなければいけなくなりますが、そうなると大変ですよね。

 

朝、昼、晩と小分けすればヨーグルトも食べやすいですが、外出先や外食の際にはなかなか難しいものです。

 

また、食べやすさを考えると加糖タイプや果物入りのもの等を選びたくなりがちですが、そうするとカロリーも気になってきます。

 

そこでおすすめなのが、乳酸菌サプリメントです。

 

乳酸菌サプリメントの中でも特に、複数の種類の乳酸菌が含まれているものを選べばより効果を期待できます。

 

サプリなら、外出先や外食の際にも手軽に乳酸菌が摂れるので助かりますね。

 

乳酸菌は毎日続けて摂らなければ、自分に合った乳酸菌かどうか効果を検証することができません。

 

辛い便秘を解消するために、無理なく毎日続けられるものを選びたいですね。

 

乳酸菌サプリの効果〜乳酸菌サプリを飲むメリットとは?

 

最近「体の健康のために、乳酸菌を摂取しましょう」といったCMをよく見かけますね。

 

コンビニやドラッグストアでも乳酸菌サプリがたくさん並んでいます。

 

でも、実際は、乳酸菌サプリってどういった効果があるの?

 

いつ服用すると効果的なの?

 

と疑問を抱えている人も多いかもしれません。

 

ここでは、乳酸菌サプリを服用することで得られるメリットや飲むタイミングはいつが効果的なのか、紹介していきます。

 

乳酸菌サプリを服用するとどういう効果・メリットがあるの?

 

前述したように、乳酸菌を含む食べ物はたくさんあります。

 

その食べ物から乳酸菌を摂取してもいいのですが、乳酸菌サプリを服用する方がメリットがある場合があります。

 

乳製品が苦手な人でも安心

 

食べ物の好き嫌いは良くない、と分かっていてもどうしても苦手なものはありますよね。

 

毎回の食事に苦手なものを食べるというと、それだけでストレスになってしまいます。

 

また乳製品でお腹がゴロゴロしてしまう、という人もいますよね。

 

乳製品や漬け物が苦手、体質として乳酸菌を摂れないという人でも、サプリの力によって乳酸菌を効果的に摂取することができます。

 

ローカロリーでたくさんの乳酸菌を摂取できる

 

例えばヨーグルトから乳酸菌を摂取する場合、1日に必要な摂取量は200〜500gほど必要だと言われます。

 

毎日それだけの量を食べるのは大変ですし、カロリーも高くなるのでダイエットをしている人にとって、気になる部分ですよね。

 

その点、乳酸菌サプリでしたらカロリーを気にすることなく、しかもたくさんの乳酸菌を摂取することができます。

 

サプリで腸内の善玉菌を簡単に増やすことができるのです。

 

生きたまま大腸に届いて便秘解消!

 

もともと乳酸菌は、胃酸や胆汁などの「酸」に弱いので、生きたまま腸まで送ることは難しいと考えられていました。

 

しかし研究のおかげで、乳酸菌サプリや乳酸菌飲料を摂取することで、腸に生きたまま乳酸菌を届けることができるようになったのです。

 

「生きたまま腸に届く」

 

が実現できるようになったんですね。

 

乳酸菌サプリを服用した人の多くが、便秘の解消を実感できたと答えています。

 

食生活の乱れや運動不足によって便秘に悩む人は男女ともに多く、ひどくなると痔の症状を訴える人もいます。

 

毎朝の快便のためにも、ぜひ乳酸菌サプリを服用して効果を実感してみて下さい。

 

花粉症やアレルギー症状の緩和

 

花粉症シーズンになると、マスクとメガネが手放せず、始終つらい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

 

実は乳酸菌サプリを服用することによって、花粉症などのアレルギー症状を和らげることができるとの報告もあります。

 

アレルギー症状が出る人には、lgE抗体をたくさん持っているという特徴があります。

 

アレルギー症状で悩む人に乳酸菌サプリや乳酸菌含むヨーグルトを摂取したところ、1ヶ月後にはlgE抗体の数値が減少したというのです。

 

毎年、花粉症で鼻がぐしゅぐしゅ、という人には朗報となるかもしれませんね!

 

乳酸菌は体に良いことだらけ

 

乳酸菌を摂取することで抑制できるのは便秘解消やアレルギー症状だけではありません。

 

  • アトピーやニキビ、肌荒れなどの皮膚トラブル解消
  • 糖尿病の予防
  • コレステロール値を正常化させる
  • 上手に摂取すればダイエット効果も期待できる

 

などのうれしい効果が期待できるのです。

 

効果的に乳酸菌サプリを服用するためには?

 

せっかく乳酸菌サプリを服用するのでしたら、効果的な服用をして善玉菌をたくさん増やしていきたいですよね。

 

乳酸菌サプリを効果的に服用するには、どうすればいいのでしょうか?

 

サプリを飲むための水

 

効果的な服用タイミングは?

 

なんとなく乳酸菌というとヨーグルトを連想する人も多く「朝、乳酸菌サプリを服用した方が効果的かな?」と考えますよね。

 

実際のところ、乳酸菌サプリは朝でも夜でも効果は変わらないと言われます。

 

3食のタイミングで言うと、食後に服用する方が、胃酸の影響も受けにくく効果的に服用することができます。

 

大切なことは「続ける」こと!

 

乳酸菌サプリを服用するときに大切なことは、「継続して服用する」ことです。

 

善玉菌は1回の服用では簡単に増殖することができません。

 

毎日忘れずに乳酸菌サプリを服用することで効果が実感できます。

 

健康は1日にして成らず。忘れずに毎日服用して下さいね。

 

ある程度服用しても効果が見られない時は…

 

1ヶ月ほど乳酸菌サプリを服用しても、効果が見られないと感じた場合は、他の乳酸菌サプリに変えてみることをおすすめします。

 

乳酸菌サプリにも様々な種類があり、あなたの腸内フローラには合わない乳酸菌サプリもあります。

 

といっても、いろいろな乳酸菌サプリをとっかえひっかえしても効果的ではありません。

 

まずは一種類のサプリを1ヶ月ほど飲んで様子を見て、その上で判断をしてみましょう。

 

 

 

以上、乳酸菌サプリの効果や服用について、効果的な服用のタイミングなどを紹介しました。

 

乳酸菌サプリは続けていくことが大切です。

 

最初は体に変化が見られなくても、徐々に効果を実感することができるでしょうから、ぜひ毎日服用してみて下さい。

 

乳酸菌サプリであなたの体が健康になりますように!

 

乳酸菌サプリの正しい選び方〜改善したい症状・目的によって選びましょう

 

腸内の善玉菌を増やすことで、便秘解消や美肌、ダイエット効果があることは以前からよく言われていました。

 

最近の研究では、アレルギー症状の抑制や生活習慣病の予防にも効果があるとして、ますます腸内環境を整えることの大切さが、テレビやインターネットなどで紹介されています。

 

乳酸菌サプリは有名メーカーから無名まで、実に多くの種類が販売されています。

 

ドラッグストアで「乳酸菌サプリを買いたいのですが…」と言うと、たくさんの乳酸菌サプリを出されるでしょう。

 

ドラッグストア

 

「乳酸菌サプリってたくさんあり過ぎて、どれを選べば良いのか分からない!」という人のために、ここでは乳酸菌サプリの選び方を紹介します。

 

乳酸菌サプリはいっぱい!選び方のチェック項目

 

乳酸菌サプリを初めて購入するという人は、以下の点をチェックしてから乳酸菌サプリを選んでみましょう。

 

  • あなたが改善したいポイントは何ですか?(ダイエット、便秘解消、病気予防…)
  • 自分の体とサプリの相性が良い
  • 乳酸菌の量ができるだけ多いものを選ぶ
  • 相乗効果が期待できる成分が含まれた乳酸菌サプリ
  • 無添加で子どもでも安心して服用することができる乳酸菌サプリ
  • 自分が毎月無理なく購入できる値段の乳酸菌サプリ

 

一口に乳酸菌サプリといっても、配合されている成分によって効果は変わることがあります。

 

「ダイエットのために乳酸菌サプリを飲みたい」「アンチエイジングのため、乳酸菌サプリを摂ろうかな」など、飲む人によって改善したいポイントは違うでしょう。

 

また、せっかく乳酸菌サプリを服用するのであれば、

 

  • 乳酸菌の量が多い
  • 食物繊維もとれる
  • 乳酸菌の働きを活発にする成分も付加されている

 

ものを選ぶなど、効果的に服用できるものを選ぶと良いですね。

 

そして、乳酸菌サプリは毎日欠かさず服用することで、効果が見られます。

 

決して無理のない金額で購入できる値段も、乳酸菌サプリの選び方の中では、大切なポイントと言えます。

 

あなたの気になる症状は?ダイエット、便秘解消…効果的な選び方を紹介!

 

便秘を解消したい!

 

便秘対策として乳酸菌サプリを服用する場合、乳酸菌が確実に腸まで届く種類のものを選ぶようにしましょう。

 

効き目の弱い乳酸菌ですと、胃酸など酸の影響で腸まで届かないことがあります。

 

便秘解消のために乳酸菌サプリを服用する場合は、「腸まで届く」といった宣伝をしている乳酸菌サプリを選んでみましょう。

 

乳酸菌シロタ株やビフィズス菌、ラブレ菌は整腸作用が高いので、便秘に悩む人の助けになるでしょう。

 

ダイエットに効果的な乳酸菌サプリは?

 

乳酸菌によって腸内の善玉菌が活性化し、排便が活発に起こります。

 

腸内に便をため込まないと、腸の消化吸収が良くなり、新陳代謝も良くなります。

 

新陳代謝も良くなって基礎代謝が良くなると…もう分かりますよね。

 

太りにくく、やせやすい体質になるのです。

 

ちまたではバクテロイデス、ビフィズス菌が“ヤセ菌”と言われています。

 

ダイエット目的で乳酸菌サプリを選ぶ場合は、配合されている成分を見て選ぶようにしましょう。

 

しかし勘違いしてはいけないことがあります。

 

乳酸菌サプリを服用した“だけ”でやせることはありません。

 

あくまでも乳酸菌サプリは「やせやすい体質づくり」をサポートするサプリですので、食事量の調節や運動をすることで、より良い効果が期待できるのです。

 

ただ「乳酸菌サプリを飲んでいるからやせる!」と勘違いしていては効果は見られませんので、注意をしましょうね。

 

病気予防、アレルギー症状の改善のため乳酸菌サプリを飲む場合

 

花粉症

 

毎年春になると、憂うつになってしまう人も多いのではないでしょうか…そう、花粉症です。

 

実は乳酸菌サプリを服用することで、花粉症を始めとしたアレルギー症状の緩和につながる、という朗報があります。

 

アレルギー症状の緩和のため乳酸菌サプリを服用する場合は、フェカリス菌、KW乳酸菌、シロタ菌、LGG菌という成分が配合された乳酸菌サプリを選ぶと、より効果が期待できます。

 

アトピー性皮膚炎

 

乳酸菌の中にはアトピー性皮膚炎に効果があると言われているものもあります。

 

「乳酸菌サプリと乳幼児のアトピー性皮膚炎」について 続きを読む

 

インフルエンザや風邪

 

また、乳酸菌はインフルエンザや風邪症状などを予防して、免疫力アップをはかることができるというニュースもかなり話題になりましたよね!

 

インフルエンザ対策に効果的な乳酸菌は、

 

  • プラズマ乳酸菌
  • クレモリスFC株
  • Bb-12株
  • 1075R-1乳酸菌

 

などです。

 

それぞれメーカーや配合されている成分によって値段も変わりますので、自分の目的に合わせて乳酸菌サプリを選ぶようにしましょう。

 

 

「乳酸菌サプリとインフルエンザ」について 続きを読む

 

 

有名メーカー=あなたに合う乳酸菌サプリですか?

 

いくつか同じ成分が配合された乳酸菌サプリがあった場合、「CMで聞いたことがある」という基準で選ぶことがありますよね。

 

もちろんそれも、選び方のひとつです。

 

ただし、注意すべき点があります。

 

乳酸菌サプリはいろいろな種類がありますので、有名メーカーだから、必ずしも効果的だとは言えません。

 

個人差がありますので、もしかしたら他の人には効果があったとしても、あなたにはあまり効き目が感じられなかったということも良くあることです。

 

また、乳酸菌サプリはあくまで「健康補助食品」です。

 

そのため「○○が含まれたサプリを服用すれば絶対に効果あり!」ということは言えません。

 

個人によって相性もありますので、1ヶ月ほど同じ乳酸菌サプリを服用しても効果が見られないという場合は、他の乳酸菌サプリに“浮気”してみるのも良いですね。

 

 

 

 

 

乳酸菌サプリの正しい選び方について紹介しました。

 

テレビでもインターネットでも、たくさんの乳酸菌サプリがありますので、迷ってしまった場合は、紹介した点を参考にしてもらえたらと思います。

 

乳酸菌サプリで健康を手に入れましょう!

 

代表的な乳酸菌サプリに使われている乳酸菌の種類と特徴は?

 

腸内環境を整えるために大切な乳酸菌を簡単に摂取できる乳酸菌サプリですが、乳酸菌自体にも種類がたくさんあり過ぎてよくわからない!という人も多いのではないでしょうか?

 

そこでここでは、代表的な乳酸菌サプリの種類や特徴、効果を紹介します。

 

ビフィーナ 生きたビフィズス菌(ロンガム種)

 

森下仁丹から発売されている「ビフィーナ」は、非常に高い支持を受けている乳酸菌サプリで、乳酸菌サプリの中でも特に人気のある商品のひとつです。

 

「ビフィーナ」はその商品名からも分かるように、ビフィズス菌を多く含むサプリメントです。

 

生まれたての赤ちゃんの腸内には、90%以上のビフィズス菌が生息していますが、年齢を重ねるごとにその数は減少してしまいます。

 

ビフィズス菌をサプリメントで補うことによって、腸内フローラを整えて便秘を解消し、腸内を健康にすることが可能です。

 

「ビフィーナ」は1包でビフィズス菌を50億個も配合しており、しかもそのビフィズス菌の90%を、生きたまま腸内に届けることができるという素晴らしいサプリです。
ひどい便秘で悩んでいる、排便回数が少ない、といった悩みを持つ人におすすめしたい乳酸菌サプリです。

 

アレルケア カルピス社独自の「L-92乳酸菌」配合

 

カルピスから販売されている乳酸菌サプリといえば、「アレルケア」です。

 

2016年12月までの販売実績は実に90万人以上、多くの人に支持されているサプリメントです。

 

「アレルケア」はL-92乳酸菌という成分が配合されています。

 

これはカルピスが独自の研究により選び出した乳酸菌で、アレルギー症状に悩む人におすすめの乳酸菌サプリです。

 

たとえば、最近特に発症者が多くなってきた花粉症。

 

春が近くなると憂うつになるという人も多いのではないでしょうか。

 

その花粉症に、L-92乳酸菌が効果的だと注目されているのです。

 

実験では花粉症を持つ人にL-92乳酸菌を摂取したところ、約6週間で鼻や目の症状が改善されたとの報告がされました。

 

また、アトピー性皮膚炎や、通年性アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状にも効果が見られたとのことです。

 

花粉症を始めとするアレルギー症状を改善したい!という人は、ぜひ「アレルケア」の服用を始めてみてはいかがでしょうか。

 

善玉菌のチカラ 生きた善玉菌(クレモリス菌FC株)

 

少し前に「カスピ海ヨーグルト」を手作りすることが流行しましたね。

 

健康のためにもヨーグルトは良いものですが、乳製品が苦手な人や毎日忙しい人にはなかなか続けにくいものですよね。

 

「善玉菌のチカラ」は、このカスピ海ヨーグルトの手づくり用種菌を販売しているフジッコから販売されている乳酸菌サプリです。

 

カスピ海ヨーグルトと同じクレモリス菌FC株を配合しており、忙しい人でもサプリで手軽に乳酸菌を摂取できるのが嬉しいですね。

 

「善玉菌のチカラ」の特徴は、生きたまま腸まで届く乳酸菌と、その乳酸菌をさらに強化する食物繊維とカルシウムが配合されていることがポイントです。

 

また、毎日続ける必要があるため、他社製品よりも少し安価で販売しているのも嬉しいところ。

 

便秘やお腹のポッコリが気になるという人、乳酸菌サプリを始めたいけれど、あまり高いものは…と尻込みしている人は、「善玉菌のチカラ」を服用してみませんか?

 

 

「乳酸菌(EC-12)」は、久光製薬から販売されている乳酸菌サプリです。

 

1袋に1兆個もの乳酸菌が配合されているというのですから、すごいですよね。

 

この数値は、ヨーグルト(100g)100個分!

 

これを1袋で摂取できるのです。

 

「乳酸菌(EC-12)」は顆粒タイプの乳酸菌サプリですが、水なしでも服用できるので外出先でも安心。

 

味もブルーベリーで飲みやすく、カロリーはわずか2.4キロカロリーですので、ダイエットをしている人でも気にすることなく服用できます。

 

たくさん乳酸菌を摂取したい、乳製品が苦手という人におすすめしたい製品です。

 

プロディア サントリー しば漬けに含まれる「プロテクト乳酸菌」

 

サントリーから販売されているサプリは「プロディア」。

 

「プロディア」にはプロテクト乳酸菌という成分が配合されていて、細胞壁が厚い乳酸菌が、身体の健康づくりをサポートしてくれます。

 

細胞壁が厚いということは、乳酸菌の力がそれだけ強いということ。

 

元々プロテクト乳酸菌は、しば漬けに多く含まれる乳酸菌。

 

それをサントリーはさらに独自の開発で、細胞壁成分を今までの2倍にし、胃酸や胆汁などに負けずに生きたまま腸に届けます。

 

またプロテクト乳酸菌の働きをサポートするため、ビタミンB1、B2、B6も配合し、おなかの中から体調を整えます。

 

「プロディア」は最近何だか疲れが取れない、どことなく体調が悪い、という人におすすめしたい商品です。

 

ラクテクト サントリー 植物由来の乳酸菌ラクトバチルスS-PT84

 

「プロディア」と同じく、サントリーから販売されている「ラクテクト」。

 

「プロディア」よりも値段は高くなりますが、その分多くの効果が期待できる乳酸菌サプリです。

 

「ラクテクト」に含まれる乳酸菌は、ラクトファリン、ラクチュロース、ラクトバチルス、フコダインの4つを厳選して配合されています。

 

さらにラクテクトにもラクトバチルスS-PT84も配合され、細胞壁を壊さずに腸に届けることができると言われます。

 

便秘で悩む人はもちろん、太りやすくなった、風邪をひきやすくなったと感じる人におすすめしたい商品です。

 

なお人によっては「お腹を下した」という意見もありますので、効き目が強いと感じる人は、飲む回数を減らすなどで調節をするようにして下さい。

 

植物性乳酸菌ラブレ ラブレ菌(KB290株)

 

カゴメから販売されている乳酸菌サプリは「ラブレ」。

 

乳酸菌飲料として有名ですが、サプリメントとしても販売されています。

 

「ラブレ」が配合しているラブレ菌は、味噌や漬け物などに含まれる植物性乳酸菌によって作られています。

 

チーズやヨーグルトによって作られる動物性乳酸菌に比べると、植物性乳酸菌は胃酸や消化液にも強く、生きた状態で腸まで届いて身体の健康づくりに役立つ乳酸菌です。

 

この頼もしいラブレ菌を、「ラブレ」は1粒で100億個以上も配合しているのです。

 

元々日本人の体質には植物性乳酸菌の相性が良いと言われています。

 

しかし近年では食生活が昔と異なり、植物性乳酸菌の摂取量は年々減少。

 

そのためお通じが滞ったり、抵抗力が低くなると考えられています。

 

季節の変わり目に体調を崩しやすい、毎回長い時間トイレにこもってしまう、という人は、「ラブレ」で体質改善をしてみませんか?

 

 

 

 

 

以上、代表的な乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌について、特徴や種類、効果を紹介しました。

 

乳酸菌サプリは個人差があり、効果も1ヶ月ほど服用を続けることによって始めて現れます。

 

自分の改善したい悩みや効果、値段と相談の上で、サプリを服用してみましょう。

 

乳酸菌サプリに副作用ってあるの?〜下痢、腹痛、お腹が張る、おならが出やすい…

 

腸内環境を整えましょう、腸内フローラのバランスを…と紹介されています。

 

それじゃあ乳酸菌サプリを飲んでみよう!と思った時に、やっぱり気になるのが「副作用」。

 

乳酸菌サプリに副作用はあるのでしょうか?

 

もしあるならその症状はどのようなものなのでしょうか?

 

ここでは、乳酸菌サプリの副作用について紹介します。

 

乳酸菌サプリに副作用はあるの?

 

心配無用です!

 

いきなり結論ですが、乳酸菌サプリでの副作用の心配はほとんどありません。

 

乳酸菌に関しては、「摂りすぎ」ということはほとんどないそうです。

 

そのため少々摂りすぎた、と感じても心配する必要はありません。

 

その場合、単純に便や尿として排出されてしまうだけです。

 

だからといって、乳酸菌サプリを決められた量以上に服用することは避けてください。

 

これは副作用よりも、乳酸菌の影響でお腹がゆるくなってしまう可能性があるためです。

 

1日の服用目安を超えて服用して、必要以上に乳酸菌を摂取しても腸内では善玉菌として働くことはないそうです。

 

お金がもったいないだけで、あまり意味はありませんので、用量を守って服用して下さいね。

 

乳製品の摂りすぎには要注意

 

乳酸菌サプリはカロリーがほとんどありませんが、注意したいのが乳製品です。

 

乳製品にも乳酸菌は含まれていますので積極的に摂取したいのですが、摂りすぎは身体に良くありません。

 

例えばヨーグルト。

 

食べ過ぎは糖分を摂りすぎてしまいますので、体重が増えてしまう可能性があります。

 

またコレステロール値が上昇してしまいますし、冷たいものを食べ過ぎることでお腹を下してしまったり、身体が冷えてしまうことも考えられます。

 

毎日大量の乳酸菌を摂取したいと考えるのであれば、やはり乳酸菌サプリを服用する方が安心・安全と言えるでしょう。

 

これって副作用…?症状別にみる、乳酸菌サプリの「気になる症状」

 

お腹がゆるくなった気がする…

 

色々な会社から乳酸菌サプリが販売されています。

 

中には大量の乳酸菌を1カプセルで摂取できる、という宣伝をしている会社もありますよね。

 

もちろんそれ自体は結構ですが、人によっては乳酸菌サプリでお腹がゆるくなる、またはお腹が張る感じがする場合があります。

 

これは乳酸菌が効き過ぎて、お腹がゆるくなったり張る感覚がすると考えられます。

 

一過性の場合がほとんどですが、長期間続く場合ですと、体質的にその乳酸菌サプリとの相性が良くないのかもしれません。

 

サプリメントの量を少なくしてみる、他の製品に変えてみるなどで調節をするようにして下さい。

 

おならがいつもよりくさい…?

 

おならのにおいがきつい場合は、腸内の悪玉菌が活発化している時、腸内フローラのバランスが乱れている時と言えます。

 

乳酸菌サプリによっては、好転反応といって一時的にお腹がゆるくなってしまったり、おならがくさい、ということがあるそうです。

 

それが治まると体調が良くなることがほとんどだと言われます。

 

2週間を目安に様子を見て、それでもおならがくさい、と感じた場合は、他の製品に変えてみることをおすすめします。

 

効き目が感じられない

 

乳酸菌サプリは毎日服用して、ようやく効果を実感できるものです。

 

そのため体調に変化がなくても1ヶ月は同じサプリメントを服用して、様子を見てみましょう。

 

1ヶ月ほど服用しても効果が見られない、という場合は、その乳酸菌サプリがあなたの体質に合わないのかもしれません。

 

幸い乳酸菌サプリには多種多様な商品が発売されていますので、別の乳酸菌サプリを試してみると効果を実感できるかもしれません。

 

しばらく体調を見て判断するようにしましょう。

 

 

 

 

 

以上、乳酸菌サプリの副作用について紹介しました。

 

乳酸菌サプリに副作用はほとんどありませんが、体質によっては一定の製品が合わないこともあります。

 

乳酸菌サプリはたくさんありますので、ひとつの製品にこだわらずに、自分に合う乳酸菌サプリを見つけるようにしましょう。

 

乳酸菌サプリで健康な身体を手に入れたいですね!